教材

評判の良いレアジョブで英会話をマスターしよう

今後の予測

教材

英会話におけるこれまでについて

英会話を学習する人は、非常に増えました。その中で勉強方法も人によってかなりさまざまです。ここでは、これまでどのように勉強してきたのか、このあたりについて説明していきます。これまでは、読み物中心の勉強方法でした。いわゆる多読学習です。限られた単語と易しい文法で書かれた非ネイティブ向けの読み物のことです。こうした読み物を通してリーディング力を身につけるというのが、英語学習の基本でした。しかしながら、現在はリーディングよりも英会話に力を入れた学習が主流になっています。「読む」力も大切ですが、実際に英語で話すことができるようになりたいと思う人が増えたのです。

今後の動向の予測について

英会話学習の今後について書いていきます。前述したとおり、リーディングに力を入れた学習方法が一般的でしたが、今現在は英会話学習が主流になっています。こうした英会話学習において重要なことは、音変化の知識です。英語はさまざまな音の変化があります。単語単体であれば、音は決まっていますが、文中で使われると音が変わるのです。これは英語が強弱のリズムのある言葉だからこそ起きる現象なのです。弱く発音される音は、特に聞き取りや発声を難しくしています。たとえば、破裂音は弱化されやすく、音の消失が頻繁に起こりやすいです。破裂音というのは、舌や唇で息を破裂させて出す音のことです。g,p,b,t,k,dなどの音がその代表例です。「Thank you for your help.」という文も、最後のhelpのpは発音されません。注目すべきは破裂音の弱化であり、ここに気をつけると発音が良くなるはずです。